コンベヤーベルトジョイント加硫機

  • Conveyor belt vulcanizing press for hot splicing

    ホットスプライシング用コンベヤーベルト加硫プレス

    加硫継手機の主要部品は高強度アルミニウム合金製です。自動防爆電気キャビネットを装備し、圧力システムによって提供される0〜2Mpaの均一な圧力を備えているため、操作が簡単で、持ち運びに便利です。電気発熱体で暖まるので、高い熱効率と均一な温度で安定して動作します。

     

    1.加硫圧力1.0-2.0MPa;

    2.加硫温度145°C;

    3.加硫プレートの表面温度の差±2°C;

    4.加熱時間(常温から145°Cまで)<25分;

    5.電圧220V / 380V / 415V / 440V / 480V / 550V / 660V、50 / 60HZ、3相;

    6.温度調整範囲:0〜199°C;

    7.タイマー調整範囲:0〜99分。

  • Air pressure water cooled vulcanization machine

    空気圧水冷加硫機

    1)ZJL自動制御ボックスを搭載しています。自動制御に失敗した場合は、手動制御モードに切り替えることができます。

    2)古典的な高張力アルミニウム合金。圧力が2Mpaに達すると、目に見えない変形のみが発生します。

    3)耐久性のある鋼製クランプ装置、特別な構造設計、安全で信頼性の高い。

    4)電動ウォーターポンプ、時間を節約し、加硫圧力を制御するための柔軟性。さまざまなコンベヤーベルトプロジェクト(オプションの空気圧システム)に同じ加硫機を適合させます。

    5)圧力装置はゴム製の圧力バッグを採用しており、従来のプラテンより80%軽量化されています。柔軟なゴム製ブラダーは、均一な圧力と高効率を提供しました。設定圧力2.5MPaの試験に合格し、最も普及している圧力システムになります。

    6)アルメックスタイプの加熱ブランケット、硬質アルミニウム合金製の加熱プレート全体。重量を減らし、エネルギーを節約するために、厚さはわずか25mmです。室温から145℃まで上昇するのに約20分しかかかりません。

    7)145℃から70℃までの内蔵水冷システムは15〜20分しか必要ありません。

  • Sectional Belt Vulcanizing Press ZLJ Series Heavy-duty Type

    セクショナルベルト加硫プレスZLJシリーズヘビーデューティータイプ

    重量加硫機の一種である新タイプの加硫プレスは、圧力バッグ、標準加熱プラテン付きトラバースバー、コントロールボックスなどの新しい設計コンポーネントを使用しています。